女性が住まいについて考えたとき思う18のこと
2017年03月アップ

女性が住まいについて考えたとき思う18のこと住宅関連企業のインハウスのWeb管理者を代表が務めていた際に女性のためのまた、女性が主導する家造りというマーケットにあたる企業方針からまた、住宅関連業は一般の方はイメージしていてもその想い・要望を企業側に上手く伝えられないことが多いので、見込み客の中の想い・ニーズを引き出す目的も併せてSteamer Lane Studio名義『放課後プロジェクト』で作ったビジュアル(俗に言うヒーローイメージ)と短文で個々のページを作成したサイト。

タイトル中の数字が18ですが、ページ加増で数字が増えるようシステム=CMS(Movabletype)構築。コーディングはhtml5+CSS3。
トップページは下層ページの写真をグリッドにしてランダム配置。
下層ページはフッタ部分にホバリングする事で、各サイト(リフォーム・注文住宅・設計など)への案内が浮上する仕組み、スマホではデバイスの縦・横それぞれの写真の大きさからでる余白部分にスライダーで設置。

女性が住まいについて考えたとき思う18のことSEO上の効果も見込めないが、本ホームページなどから見てもらい、潜在的な女性ならではの思考などからくる生活・家のカタチを掘り起こし、各メインサイトへの戻りを期待してのものでした。

代表が住宅関連企業のインハウス管理者を辞しても名義が当スタジオのものなのと、少し変わった造りなので履歴として残しておきました。
※フッタのリンク先は全て当事の物(住宅関連企業の各サイト)から変えてあります。
女性が住まいについて考えたとき思う18のこと >