SteamerLaneStudio

service

提供させていただいているサービス

  • 新規ホームページ(Webサイト)の企画/デザイン/制作。
  • 既存ホームページ(Webサイト)リニューアル。
  • カスタマイズブログ制作(Movable Type若しくはWord Press利用)。
  • CMSによるホームページ(Webサイト)制作・構築(Movable Type若しくはWord Press利用)。
  • 内的SEO対策(ホームページの構造的な検索エンジン対策)施策。
  • お持ちのホームページのSEO対策のアドバイスなどコンサルティング。
  • ドメイン取得代行(可能な限りクライアント様にて取得願います。取得後の保守一切はクライアント様にて行ってください。)
  • サーバー契約代行(可能な限りクライアント様にて契約願います。契約後の保守一切はクライアント様にて行ってください。)

CMS(コンテンツマネージメントシステム)について

(このサイトはWordPressで制作しています)
WordPress(以下WP)とMovableType(以下MT)
cms

ブログやCMSサイトを構築する際に使用・サーバーへインストールするエンジンはWPかMTが殆どだと思います。 現在、シェアはWPの方が多いのですが、理由は無料である事、プラグインや拡張テーマ等が多く存在するので一般的なwebの知識があれば構築しやすい事だと思います。 一方、MTは現在商用利用は有償で、プラグインもWPと比べれば少なく、無料のものばかりでもありません。有償プラグインがあるのはWPも同様ですが、プラグインの絶対数がWPの方が多いこともWPが使いやすい理由の一つだと思います。

CMSサイトとしてのシステム

先に述べた通り、現在のwebサイトは適切な運用を併せなければ宝の持ち腐れにしかなりません。
これは、SEO対策等とよく言われることにも通じますが、webによる販促は情報戦だからです。ベースとなるシステムは制作会社で構築しますが、制作会社にコンテンツの追加などを依頼せず、ユーザーサイドで更新を行い、記事・情報管理を行う。こうした手法が一般的になりつつあります。
では、そのシステムについてですが、いわゆるERP=基幹業務システム的なものでなくても、多数のビジター投稿者を擁し、webサイト構築以外の何かを求めるシステムとしてはWP・MTとも不足でしょう。例えば、Oracleなどを使用・カスタマイズする必要があると思います。これはエンドユーザー向けという面よりも、社内システムなど運用面等でのパフォーマンスが重要視されるからです。
この様な大規模なシステムではなく、一般的なコーポレートサイトなど、少数の管理者と数名の投稿者で運用される場合は、WPかMTでシステム構築を行うことが最適となります。

企業サイトにおけるブログエンジンの利用

先ず、WP/MTいずれでも既存のテーマなどを使わず、もちろん使えるプラグインは利用しますが、フルカスタマイズでベースとなるシステムを構築し、htmlコードと併せて落とし込んでゆきます。
そこには、サーバー上のデータベースにテンプレートや記事といったデータを記録し、必要に応じてデータベースの中からそれらデータを引き出す所作がありますが、このようなCMSエンジンで実際にシステム構築/サイト作成を行うと、WP・MTそれぞれ特徴がみられます。

先ずWP、

  • WPは無償。最近では有償サポートなどのサービスもあるが、基本は商用でも無償で改編・再配可能。(故にweb制作会社さんではWPを改編したものをオリジナル商品の如く提案したりすることもあるんです。大概はブログ・CMSを構築しやすくしたオリジナルのテーマ的なもので、テーマ以外のシステムはオリジナルのWPのままだったりします。)
  • WPはプラグインが豊富でカスタマイズがし易い。
  • WPコーデックスなどで案内されるコーディングでは、純粋なデータベース上のデータを引き出すだけではなく、htmlコードも併せて吐き出すので、その余計なコードを吐かない様にしないといけないことがある。
    テーマをカスタマイズ、またはテーマを使わずオリジナルのテンプレートを作成する場合は、テンプレート以外の部分をカスタマイズしなければいけないが、プラグインで対応できるケースがある一方、phpの記述・書き換え、システムファイルの書き換えを伴うこともあり、システムファイルの書き換えをした場合はエンジンのバージョンアップ都度書き換えが必要となる。
    プラグインも同様、ブログ制作に対応したコードの吐き出しを行う事があるので、企業サイト/CMSサイトを制作する場合は余計なコードを吐かない様にしなければならなくなることがある。function.phpが冗長になったり、制作上けっこう面倒なんです。
  • WPは動的生成なのでhtmlファイルとしてのバックアップが取れない。プラグインで静的ファイルの生成と保存が可能だが、現状、完全に静的生成してバックアップがとれるものはない。
  • WPは動的生成故アクセスした際の表示時間が静的生成のものに対して遅い。せいぜい”一瞬のタメ”があるくらいですけどね、サーバーの能力・アクセス数等に左右されますが、単純比較すれば遅いのは仕方ないです。

一方MTは・・・

  • 商用有償で、プラグインもWPほど多くありません。無償使用できるOS(オープンソース)プロジェクトは現在行われておらず、開発速度もWPと比べれば遅いと言わざるを得ません。
  • MTはmtmlにより吐き出すものにhtmlタグは含まれません。テンプレートを組む際はそれなりにhtmlとmtmlを組み合わせなければなりませんが、デフォルトで吐き出されるコードがhtmlコーディングにそぐわないといったことがないので望み通りのコーディングがし易い。
  • MTは静的生成、ダイナミックパブリシングによる動的生成も可能ですが、静的生成なのでバックアップが取りやすいので危機管理上有利、もちろん、アクセス時の表示速度は動的生成より早いです。
  • MTは投稿時再構築が必要。1500ページを超えるサイトの再構築(投稿公開ではなく全ての再構築)で10分近くかかったケースもありますが、再構築スタート後は別に操作を要しませんので言われる煩わしさは感じません。プレビュー機能ではなく、投稿後の確認といえば再構築を待たねばなりませんが、WPとの差別化といった部分では「重箱の隅をつつく」程度のもの。
    再構築の煩わしさ=管理者の手間で、動的生成による表示の遅さ=ユーザの待ち時間。それを考慮すれば差別化のネタにはなり得ません。

Recommend

ブログにはWP、企業・団体向け小・中規模CMSサイトにはMTが向いていると考えます。
特に広報・販促等、CMSサイト管理者が在籍する法人・団体様の場合は静的生成で実体のあるMTの方がお奨めではないでしょうか。実際に企業内で広報・販促担当として運用・管理をしていると、実体がある方が何かとやりやすいのです。

ご依頼から製作・完成への流れ

1 – お問い合わせ
お問合せフォームより、目的・イメージ・主たるターゲット他概要・ご要望をお知らせください。
具体的なイメージ・概要等無き場合は、ご相談も承ります。
2 – ヒアリング
フォームにていただいた内容により準備をし、ヒアリングを行います。
可能な限り具体的なご希望をお聞かせください。
3 – お見積
ヒアリング内容により、プラン・概略・概算のお見積を作成いたします。
4 – ご契約・着手金ご請求
お見積内容にご納得いただけましたら、正式にご発注ください。契約書はメール若しくは郵送にて送付させていただきます。
契約書がお手元に届きましたら、必要事項に記入し返送ください。また、同時に着手金の請求をさせていただきますので、1週間以内に指定の銀行口座へご入金ください。入金確認が取れた時点で、請負契約発効とさせていただきます。
5 – 製作準備
お見積・打ち合わせ内容に準じ、クライアント様でご用意いただく原稿・素材(画像・ロゴ等)をご送付ください。
6 – 製作
先ず基礎デザイン・アウトラインのご承認・ご確認のため、トップページを仮ディレクトリへアップいたします(場合によりPhotoshopで作成したカンプで代用)。ご承認いただきましたら、下層ページの製作に入ります。クライアント様にて、内容の確認・チェックをお願いいたします。
7 – 納品/アップロード
全てご承認いただきましたら、クライアント様指定の本ディレクトリへアップロードし、納品とさせていただきます。
8 – 完了金のご請求
納品完了しましたら、製作残金の請求をさせていただきます。1週間以内に指定の銀行口座へご入金をお願いいたします。